スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間

やたら外で遊ぶ子どもの声がするなぁ、と思ったら、もう夏休みなんですね


ついこの前まで、塾の先生として働いていて

学校がお休み=めっちゃ忙しい

という生活だったのに。

夏休みになったことすら気がつかないなんて、、、びっくりjumee☆sweat1b

毎日、しょうたんに振り回されているんだわ

新生児には、魔の3週目という時期があるらしく
おとなしいしょうたんも、おっぱいもたりて、おむつもキレイなのに
時々、ぐずぐずと寝付かない時間帯があります

昨日は、そのぐずぐずの時間帯にパパが居合わせ
日々の大変さを、ちょっとだけ感じてくれたみたい
(ぐずぐずのしょうたんを引き受けて、シャワー浴びさせてくれてありがとね)

やっぱり、いてくれると助かる


早いもので、もうすぐ出産から1ヶ月

最近のしょうたんは、涙を流し、よだれをたらす・・・
ひきつり笑顔に(偶然だろうけど)声が加わり、かわいいことハート

退院時かろうじて2500gを超えた、ちびっこのしょうたん

母乳+ミルクを好きなだけ飲ませるという指導を実践
でも、追加のミルクってどれだけ与えていいのか分からない・・・
あげたらあげただけ飲み続けてるし

ってことで、試しに時間をかけて母乳を与えてみた

そしたら、、、寝た


あらま

ミルクいらないじゃん


母乳の出がよくなったのか
しょうたんの哺乳力がアップしたのか
とにかく、その後ミルクを追加しなくても満足して寝ている手書き風シリーズ矢印上

午後は母乳量が減るらしく、足りないと泣きわめくこともあるので
時々ミルクをあげるけど、このままいったら母乳量も増えていくだろうし
完全母乳育児いけちゃうかも!?

こちらとしては、夜中に寝ぼけてミルク作ったり
哺乳瓶の消毒したりする手間が省けて非常に楽チン

入院中は、ちびっこ過ぎて吸いつけなかったのに
今では、ぐびぐび喉を鳴らして飲めるくらいに成長したんだなぁBrilliant

泣き声も大きくなってきたし、いいことだキラキラ
スポンサーサイト

入院中の出来事

6月29日に出産して、7月4日に退院するまでのこと

6月29日(月)出産当日
安産だったとはいえ、普段使わない筋力、体力を使ったらしく、徐々に疲れを感じる

明け方の出産で、ダンナ様は8:00に一時帰宅(病院の決まりね)
同時に、赤ちゃんを新生児室に預け、私も睡眠

出産の際に切れた箇所が痛くて、立ったり座ったりするのがとてもつらい手書き風シリーズ矢印下

午後、ダンナ様とともに義父母が面会に来る

出生届提出
児童手当申請

午後4:00 義父母帰宅
午後6:00 ダンナ様帰宅

その後、赤ちゃんとふたりきり

何をして欲しいのか、どうすれば泣きやむのか、全く分からないので途方にくれる
大変なものを産んでしまったのではないか、とちょっとネガティブになる

明け方
体もきついので、初日ということで新生児室に預かってもらう

*****

6月30日(火) 入院2日目
午前中、新生児室にて嘔吐×2
どうやら羊水が残っていたらしい

それにより、体重減少、2400台に落ちる

さらに、赤ちゃんが小さいため、おっぱいが吸いにくいと判明
お互いストレスになってもいけないので、あまり泣くようなら糖水を追加しよう、ということに

糖水をもらうようになって、きちんと眠ってくれるようになったBrilliant

*****

7月1日(水) 入院3日目

夜から明け方にかけて、大泣きされる
おっぱいが吸いにくいからだろう、ということで保護器を使って急場をしのぐ

新生児室でも大泣きしたらしく、昨日よりさらに体重減少、2300台に・・・

このままでは退院できないかも!!

ということで、急遽粉ミルクを追加することにして、調乳指導を受ける

私にとって、一番大切なことは、赤ちゃんがストレスなく成長すること
だから、混合でもOK

母乳の後に粉ミルクを追加するようになって、赤ちゃんも精神的に落ち着いたようだ

*****

7月2日(木) 入院4日目

義母が妹をつれて面会にやってくる

赤ちゃんは眠りっぱなし
ふたりとも、かわいいかわいいと絶賛して帰る(笑)

赤ちゃんが褒められると、自分が褒められているようでいい気分だ

この日から、おっぱいも少しずつ飲めるようになり、手がかからなくなる

よく眠るいい子

*****

7月3日(金)入院5日目

退院できるかどうかチェックの日

心配された赤ちゃんの体重も、粉ミルクを追加したことで急激に増加
何とか2500gを超え、無事退院の許可が出る

ママはまったく問題なし

退院指導
1ヶ月健診の予約

とりあげてくれた助産師さんと写真を撮る

*****

7月4日(土) 退院の日

11:00 パパが迎えに来る

ベビーシートつきのタクシーで我が家へ
途中、渋滞に巻き込まれ、赤ちゃんは車中で大泣き

さすがに疲れたのか、おうちに帰っておっぱい飲んだら爆睡

その間に、赤ちゃん周りの整理整頓
なにせ、予定より2週間も早かったため、準備が中途半端

入院している間に、イメージしていた通りにものを並べたり
足りないものを買ってきてもらったりして1日が終了

さぁ、これからどんな生活が待っているのか
楽しみだね

出産!!

妊娠発覚から出産まで、これといったトラブルもなく
10ヶ月が経ち、以下は、いよいよクライマックス

出産の覚書です

*****

6月19日(金)の健診

子宮口2cm開大、Bishop Score9点との内診結果
「いつ産まれてもおかしくないから、心構えをしておいて」と言われる

※ダンナ様は週末の予定(関西弾丸ツアー)をキャンセル

しかし、そこから1週間変化なし

何だかんだで予定通りなんじゃない??と言いながら
普通に家事をこなし、買い物にも出かけるさとと-汗

*****

6月28日(日)18:00頃

ピンク色のおりもの=おしるし??
まぁ、ここから1週間以上かかる場合もあるしね、と夫婦でいつもと変わらぬ日曜日をすごす

夕食はがっつりと、ハンバーグ(ガーリックソース)を作り
今から出産!!ってなったら、うちらにんにく臭いね、なんてのん気な会話をする

夜、23:30ぐらいまでテレビをみて爆笑
ただ、いつもより腰が痛い気がして、ダンナ様にマッサージしてもらう

*****

6月29日(月)

0:00頃  いつもより強いおなかの張り&腰が痛くて眠ろうと思ったが眠れず
      念のため、時間を計ると10分間隔

      前駆陣痛も考えられるので、様子を見るが
      きれいに10分間隔で痛みがきて、眠れないので起きることに

1:30頃  これは陣痛だ!!と確信
      朝までに病院にいく可能性が高い、と思い、
      タイマーセットしてあったお米を炊き始める(笑)

2:00頃  病院に電話、状況を説明
      初産なので、5分間隔くらいになるまで自宅で様子を見てもいい、と言われる

      ぎりぎりまで家にいたいと思っていたので、様子を見ることにし、電話を切るが
      直後から痛みのレベルが急にあがる

      時間を計ったら、3分間隔!?

      深呼吸で痛みを逃すも、徐々に動けなくなるほどの下腹部痛

2:30頃  我慢できないので、再度病院に電話
      入院準備をして来るよう伝えられる

2:50頃  タクシー到着
      ダンナ様と一緒に、病院へ向かう

3:10頃  病院到着
      分娩着に着替え、分娩監視装置をつける
      内診の結果、子宮口6cm開大(おなかが張っている時で7cm)

      子宮口がやわらかく開いていくように、
      痛いときこそ深い呼吸をするよう指示される
      (吹奏楽とオケで培った、腹式呼吸が役に立った!!)

      徐々に痛む場所が下がってくる
      「いたーーーい」と声が出る

      ダンナ様は、荷物を部屋に運び、カメラの準備をし、
      その後はずっと手を握っていてくれた

4:00前  2回目の内診で分娩室へ移動(痛みの合間を見て、しっかり歩く)

      緊急時の血管確保、分娩監視装置の準備など周りが慌しい中
      どんどん痛みが増し、間隔も狭くなる

      ぐんぐん押される感じで、何がどうなってるのかよく分からない
      
      破水するまでは力を入れたらだめ、と言われ、呼吸に集中
      (ふううううう、ふうううううって感じ)

4:13   風船がはじけるような「パンッ!!」という音ともに、破水
      
      院長先生登場
      「分娩台の下のハンドルをもって、声を出さずにふんばれ!」と言われる

      お尻の方に力を入れて、と言われるも、全身に力が入っていて、よく分からない

      何となく、ふんばってみたら、ぐーっと圧力がかかる感じがする
      「このままふんばってたら、出るのかな」と思い、ちょっと頑張ってみると
      頭が通過する感触(正確には最大直径部分が抜けて、楽になった感じ)がした

      「あ、出た!!」と発言
      ※当然、私にしか分からない感触だったので、
        立ち会っていたダンナ様は「え?」って思ったらしい

      次の瞬間、ぬるっと生あたたかいものが通り抜ける(たぶん、体)

4:17   2650gの元気な男の子誕生
      
*****

へその緒を切ってもらい、すぐに抱っこ

「あったかーい」

これが最初の感想

産まれたてほやほやでも、しっかり目を開けてこっちを見ている赤ちゃん
感動して泣くかと思ったけど、お産が短かったせいか興奮の方が勝つ(笑)

本来なら、出産後、休息するために与えられている分娩台の上で

みてみてー
いやーん
かわいー

っていう妙なテンションで、2時間過ごす

その間、カンガルーケアをし、初乳を与えながら、ダンナ様とひたすらおしゃべり
(出産の感想やら、状況の確認やら、分娩室の観察など超元気!!)

ダンナ様の感想も私と同じ
①あまりのスピードに感動する暇なし(三沢が死んで泣いてた人が我が子の誕生に泣けず)
②両親学級で見たビデオの方が感動的(BGMの小田和正効果だよ)
③2人目は立ち会わなくて大丈夫だねー(あまりに私が元気だから)

とにかく、無事に産まれて良かったキラキラ

ちょっと小さいので、入院中はいろいろあったけど
今は無事退院して、たらふく飲んで、ひたすら爆睡jumee☆sweat1b

小さいけど、ちゃんと生きてる

あ、泣き出した

おむつかなー
おっぱいかなー

産まれた!!

6月29日(月) 午前4時17分 2650gの元気な男の子が誕生しましたキラキラ

分娩所要時間 4時間20分 という超ハイスピード安産から
あっという間に2週間がたちました。

胎児ネームのごんちゃん改め、しょうたんは
よく飲み、よく眠り、全く手がかかりません(今のところね)

改めて、出産レビューを書こうと思います。

ブログのタイトル、変えようかな。
copyright (c) ゆるゆる生活日記 all rights reserved.

プロフィール

りりぃ

Author:りりぃ
2009年6月29日に長男が生まれました。
のんびりゆったり成長を見守るブログです。

ママの趣味もちょこっと紹介しています。

いくつになったの?

FC2カウンター

くろこさん

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。